歯を白くする方法なら重曹が良いって聞いたけど本当?

MENU

歯を白くする方法なら重曹が良いって聞いたけど本当?

重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウムと呼ばれ、pHは弱アルカリ性で白色の粉末状の粉です。

 

 

安価なため色々な用途に使われています。

 

 

調理ではベーキングパウダーやサイダーなどの炭酸水の原料。アク抜き・臭み取り、肉を柔らかくする効果などがありますし洗剤としての効果は有名です。

 

 

研磨効果で湯呑の茶渋やガスレンジの頑固な油汚れ、水回りのよごれなど洗浄に効果もあります。靴箱の臭い取りなど消臭効果もあります。

 

 

その他には入浴剤、医薬品特に胃酸過多に重宝、火事の時に必要な消火剤にも使われています。また、環境にやさしい自然物質でできているため、排水しても水質汚染の心配はありません。

 

 

重曹はこのように安価で大変便利で人体にもやさしく身近な物でもあります。

 

 

しかし重曹の研磨力は歯のエナメル質には強過ぎます。目の粗い重曹はエナメル質に無数の傷つけてしまいます。その傷に色素沈着がおこり逆効果になる可能性があります。

 

 

重曹は安くてに入りますが歯の表面を傷つけてしまうリスクがあります。歯を傷つけず歯を白くする方法が他にもありますので重曹で磨かれている方は今すぐ中止するべきだと思います。

 

 

トップに戻る