歯を白くする消しゴムって本当に効果あるの?

MENU

歯を白くする消しゴムって本当に効果あるの?

子どもの歯は白く輝いています。

 

 

しかし年をとるにつれ、だんだんと黄色みを帯びてきます。

 

 

その原因には、大きく分けて2つあります。

 

 

ひとつは、加齢によるものです。年を取るにつれて、歯の1番表面のエナメル質が薄くなり、その下の象牙質(ぞうげしつ)の黄色い層が表れてくるのです。

 

 

2つめは、食べ物などによる外側からの着色です。歯に色がつきやすいコーヒー・日本茶・紅茶等や、喫煙によるタバコのヤニが原因です。

 

 

このような外側からの着色に、最近効果があると評判になってきた「歯の消しゴム」があります。

 

 

歯の消しゴムってどのなものでしょうか?

 

最近は、ドラッグストア等でも簡単に購入することができるようになってきした。歯へのダメージを少なくするために、シリコンゴムでできています。

 

先が平坦なタイプと、先がとがってペンのようになっているタイプがあります。歯の平らな部分に専用の研磨液をつけてゴシゴシ擦って、消しゴムのように数回動かします。

 

歯と歯の間や歯並びが悪く歯が重なっている部分等には、先のとがったペンタイプのものを使います。歯の消しゴムを使う時には、表面を乾燥させておきます。

 

費用は、比較的安いものが多いようです。

 

 

歯の消しゴムはどのくらいの効果があるのでしょうか?

 

歯の消しゴムは、外因性の歯の着色に効果があります。特に歯の表面に日本茶や紅茶等の茶シブが付いている場合には効果があるようです。

 

また喫煙によるタバコのヤニは、表側に付いている場合には効果ありますが、歯の裏側に付いている場合は歯の消しゴムが届きにくいため効果は少なくなります。

 

歯の消しゴムは、あくまでも外因性の着色にのみ効果があり、内因性の加齢による変色には効果はありません。自分の天然の歯の色以上に白くすることはできません。

 

歯の消しゴムは、歯の汚れを落として歯を白くすることに効果があるのであって、歯そのものを白くすることではないのです。

 

 

歯の消しゴムで気をつけることは何?

 

歯の表面のエナメル質は非常に硬い組織です。しかし歯の消しゴムで強くゴシゴシこすると、エナメル質を傷つけ薄くしてしまいます。

 

くれぐれも使用法を守って、あまり強い力でゴシゴシしないように気をつけましょう。特に研磨剤をつけて使用する時には注意が必要です。

 

 

最近は研磨剤の入っていないホワイトニング歯磨き粉なども人気です。

 

 

トップに戻る