妊婦が歯を白くするのに安全な方法は?

MENU

妊婦が歯を白くするのに安全な方法は?

妊娠中はホルモンのバランスが不安定なため、お口の中の状態もとても敏感になります。

 

 

それは 妊娠中は女性ホルモンが増加しますが、この女性ホルモンが細菌の抵抗力を抑制する働きがあるためです。

 

 

そのため“妊娠性歯周炎”という歯ぐきの病気等にかかりやすくなります。ですから妊娠中に過酸化水素水の薬剤を使って行うホワイトニングはおすすめできません。

 

 

ホワイトニングは安全性が高いといわれていますが、妊婦さんに完全に安全かというと、まだはっきりしていないのが現状です。

 

 

もし どうしても妊娠中にホワイトニングをしたいのであれば、必ず歯医者さんに相談をしてください。ここでは ホワイトニング以外で、妊婦さんでも歯を白くする方法を紹介します。

 

 

歯のクリーニング(PMTC)

 

PNTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略です。専門家による歯のクリーニングという意味です。

 

茶シブやタバコのヤニ等の歯の表面についた着色成分を、歯医者さんの専用の器械を使い除去します。この方法では、とりあえず自然の白さを取り戻すことができます。

 

特に妊娠中はつわり等で、歯磨きもおろそかになります。

 

歯のクリーニング(PNTC)は、着色成分だけでなくバイオフィルム(細菌が集まってつくるフィルム状の膜)も、徹底的に落とすことができます。

 

このため 虫歯や歯周病(特に妊娠性歯周炎)にも効果があります。歯のクリーニング(PMTC)は歯医者さんで行いますが、その際妊娠中であることをはっきり伝えてください。

 

 

ホワイトニング歯磨き剤

 

「ホワイトニング効果」をうたった市販の歯磨き剤です。ドラックストア等で購入することができます。

 

酸の働きで着色物質を分解したり、歯の表面のタンパク質を溶解させて歯を白くします。カルシウム成分やシリカ等が含まれ歯を傷つけないで、着色を取ることができます。

 

この美白歯磨き剤も歯の本来の色を取り戻すことはできますが、より白くすることはできません。また妊娠中は、お口の中が敏感になっています。

 

使用中に違和感を感じるようなら、使用しないでください。

 

 

妊娠中は、本格的なホワイトニングはおすすめできません。

 

 

これまでに 胎児への影響が出たとの報告はありませんが、まだはっきりしていませんので、本格的なホワイトニングは、
控えておいた方がよいでしょう。

 

トップに戻る