ホワイトニングを自宅でやった時に副作用はあるのか?

MENU

ホワイトニングを自宅でやった時に副作用はあるのか?

ホワイトニングは安全性が高いということを聞いたことがありますが果たして自宅でやっても安全なのでしょうか?

 

 

副作用はあるのでしょうか?

 

 

まずホワイトニングは自宅で行うにしても歯科医院で行うにしてもホワイトニング後に知覚過敏になる人が多いのが事実です。

 

 

知覚過敏は虫歯ではないのですが食べたり飲んだりする時に歯がしみることです。

 

 

ホワイトニングをすると歯の内側にまで薬が作用して歯を白く漂白させるのでその薬の影響で歯がしみやすくなるのです。

 

 

さらに自宅でホワイトニングを行う人の中にはあらかじめ決められた用量を守らずそれを超えて使用したり時間を長くしたり頻度を増やしたりする人がいます。

 

 

これによってより歯の表面へのダメージ大きくなり歯がしみたりすることもあります。

 

 

歯を美しくしたいという気持ちがあるのでホワイトニングを行うので気持ちは分かるのですが勝手にホワイトニングをするとこういった症状が出やすいです。

 

 

もしホワイトニング後の副作用で知覚過敏になった場合でも通常の知覚過敏と同様に時間が経てば治っていくことが多いです。

 

 

治るのにどれくらいの時間がかかるかは個人差があります。

 

 

もしなかなか知覚過敏が治らないならフッ素塗布してもらったりフッ素が配合された歯磨剤で歯磨きしたりするならフッ素がホワイトニングでダメージを受けた歯の部分を強くしてくれるので徐々に知覚過敏の症状が軽減されていくことでしょう。

 

 

トップに戻る